035604

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

よさこい柏紅塾 掲示板


1フリマ中止です!  / 2スポーツ安全保健更新のお知らせ (1) / 3貴重映像  / 4本日の練習中止のお知らせ  / 59日(土)の練習時間について  / 6チラシ掲示  / 7チラシ掲示  / 8管理人より  / 9当会会員さんへ  / 10チラシ掲示  / 11書き込み削除  / 12チラシ掲示  / 1311/18(BIG HOP)よさこい祭り  / 14チラシ掲示  / 15チラシ掲示  / 16無題  / 17無料体験会開催のお知らせ  / 18無料体験会掲示  / 19無料体験会、宣伝  / 20伝統芸能大賞 活用賞受賞  /



[ 指定コメント (No.3373) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ TPPとよさこい 投稿者:かん  引用する 
堅い話で申し訳ありません。
先日、TPP承認法案と関連法が衆議院を通過しました。
この中に、著作権関連の法案も含まれているようです。

主な変更点は、
1、著作者の死後50年から70年になること
2、親告罪から非親告罪になること
3、法定損害賠償金が導入されること
の3つのようです。

これをよさこいに当てはめると
1については、「よさこい鳴子踊り」の作成者武政英策氏が1982年12月1日に亡くなっているので、2032年12月1日に切れるところが2052年12月1日になる。

「よさこい節」「ソーラン節」は、作者不明でさらに歌い継がれて100年は経っているようなので問題ありません。
他の近年作成された楽曲を使っている場合は、現行法でも問題が出る場合があります。

2の親告罪というのは、作成者自身又はそれを引き継いだ者の訴えがなければ、罪に問われない。
非親告罪は、警察自身が許諾確認したのち作成者が訴えなくても起訴できるようです。
ただ、著作物の収益性に大きな影響を与えない場合は除外されるようです。
大きな影響とは、どの程度なのかは、わかりません。

3については、今までは損害のみ賠償すればよかったものが一律の賠償となるようです。



基本的には、影響はないように思われますが、○○チームのコピーチーム(特にそれを表明しているチーム)とか1に該当する既成曲を使っているチーム等は、非親告罪になるため楽曲等作成時は、配慮が必要かもしれません。(今までも同じですが)
曲や映像等を販売しているチームは、特に配慮が必要です。


1,2,3,とも楽曲について書きましたが衣装や振り付け等にも該当します。


堅い話で申し訳ありませんが、一様著作権のことは曲を作成しているチームには関係があることなので、書き込みさせていただきました。

創作活動全体に対しては、萎縮するような雰囲気を持った法案のような気がします。

※関連法案は、TPPが発効した時点で効力を持つとの条件が付いているようだが実際には、どうなるかわからない。

この書き込みは私(かん)独自の書き込みなので興味のある方は、ご自分で、ちゃんと調べてください。

2016/11/11(Fri) 21:29:06 [ No.3373 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -