035604

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

よさこい柏紅塾 掲示板


1フリマ中止です!  / 2スポーツ安全保健更新のお知らせ (1) / 3貴重映像  / 4本日の練習中止のお知らせ  / 59日(土)の練習時間について  / 6チラシ掲示  / 7チラシ掲示  / 8管理人より  / 9当会会員さんへ  / 10チラシ掲示  / 11書き込み削除  / 12チラシ掲示  / 1311/18(BIG HOP)よさこい祭り  / 14チラシ掲示  / 15チラシ掲示  / 16無題  / 17無料体験会開催のお知らせ  / 18無料体験会掲示  / 19無料体験会、宣伝  / 20伝統芸能大賞 活用賞受賞  /



[ 指定コメント (No.3287) の関連スレッドを表示しています。 ]

◆ よさこい 投稿者:かん  引用する 
よさこいのいろいろなことを書き込みます。
第1回 よさこいについて

新会員も入ってきてあらためて「よさこい」について書き込みをしようと思います。

言葉としての「よさこい」とは?
漢字を使って書くと「夜さ来い」「宵さ来い」「良さ来い」「世さ来い」等現在当て字も含めていろいろありますが、意味としては、「夜きいや」「宵にきいや」と言う意味になると思います。
他の意味としてここに書くにはふさわしくない意味もあるようです。大人の方は想像できると思います。

語源としては、「夜さり来い」(夜にいらっしゃい)と言う古語が変化したもののようです。
この「よさこい」が土佐弁かというと疑問があり、昔の書き言葉としての「夜さ来い」は、土佐に限定したものではないようです。
富山の薬売りが全国に広めていった言葉でたまたま高知で残ったと言う説もあります。
個人的には、富山の薬売りかどうかはともかくこの説が正しいような気がします。

他に高知城(藩主山内一豊)を築いたときに、歌われた木遣り唄の「ヨイショコイ」という掛け声が変化したと言う説もあります。

一般の高知県人は、「よさこい節」の合いの手・掛け声としての「ヨサコイ」と認識しています。その意味では、土佐弁と言っていいと思います。
北海道の人が「ソーラン節」の合いの手として「ソーラン」を認識しているのと同じだと思います。
「ソーレソレソレ」「よっこいしょ」「ハイーハイ」「うんとこどっこいしょ」等の掛け声や合いの手と同じで、高知独自の合いの手です。

現在一般的に使われる「よさこい」とは、「よさこい節」から派生した「よさこい鳴子踊り」のことを指します。つまり「よさこい」「YOSAKOI」は、「よさこい鳴子踊り」の省略名称と言っていいと思います。

イベントやお祭りで、単純に「よさこいって何」と聞かれた場合は、「鳴子という楽器を使ったおどり」と答えればいいでしょう

参考資料
※ウィキペディアフリー百科事典日本語版


予告
第2回鳴子についてを書き込みたいと思います。(未定)

2016/02/03(Wed) 11:34:26 [ No.3287 ]
◇ 第2回よさこい鳴子踊りについて 投稿者:かん  引用する 
第2回よさこい鳴子踊りについて

前回の予告で鳴子についてを書き込むとしていましたが、その前に「よさこい鳴子踊りについて」を書き込みます。

よさこい鳴子踊り
作詞:武政英策 作曲:武政英策 歌:都はるみ
歌を都はるみと表記しましたがおそらく初期バージョンは、都はるみと思われます。

昭和29年(1954)8月10日11日に行われる「よさこい祭り」のためにつくられた楽曲
同じ楽曲なのに「四国銀行応援歌」とタイトルが付けられていることもあります。(経緯は不明ですが現在使用されている例を見たことはありません。)

武政英策氏のアイディアで、「隣の阿波踊りの素手に対抗してこちらは鳴子を使おう」という提案があり、鳴子を採用。

振付は、日本舞踊(花柳、若柳、藤間、坂東、山村の日舞五流派)のお師匠さんに依頼
 この時、複数の振付が出来たのか、5流派で1つの振りを付けたのかは、確認できていません。
 ただ正調と言われる振付に複数存在する振りがある為、複数の振りが着いたとも考えられますが、
 後に付けた振付を現在正調と呼んでる可能性もある為、断定できません。

「よさこい鳴子踊り」を作成にあたり武政英策氏は、曲について自由に使っていいと発言、歌詞についても「何もあれに限ったものでなく適当に変えてほしい」とかねてから改変することを許可していた。


歌詞
ヨッチョレヨ ヨッチョレヨ ヨッチョレ ヨッチョレ ヨッチョレヨ
ヨッチョレ ヨッチョレ ヨッチョレヨ
高知の城下へ来てみいや
じんまも ばんばも よう踊る
鳴子両手に よう踊る よう踊る
  以下よさこい節

当時第1回よさこい祭りが終わった段階で歌詞に批判があった。
「じんま」「ばんば」という言葉は、けしからんと言うものです。
土佐弁の「じんま」「ばんば」を「おじいさん」「おばあさん」と訳すことが多いのだが、ニュアンスを含めて標準語に直すと「じじぃ」「ばばぁ」となる。あまりいい言葉ではない為直した方がいいという意見である。
だが未だに直っていない。しかし身内の「おじいさん」「おばあさん」に対して親しみを込めて「じんま」「ばんば」ということもないではないので土佐の方言としてそういう言い方もあるぐらいの認識でいいのではないでしょうか?
今現在そう言う批判は、聞いたことはありません。
子供が「じんま」「ばんば」をつかうと怒られます。
時々「じんま」を「じんば」と表記しているのを見ますが「じんま」が正しいです。
ただ発音として「じんば」と言う人もいるかもしれません。


「よっちょれ」と言う言葉の意味は、「寄って」(相手に言う言葉)となるのですが、ニュアンスも含めて標準語にすると「よれ」とか「どけ」となります。「寄って」を土佐弁では「よちょって」子供にここは危ないから「寄っておきなさい」を土佐弁に直すと「よっちょき」とか「よちょって」と言う言い方になります。
つまり「よちょれ」は「寄る」の命令形と言うことになります。強い言い方です。これも批判があったのかもしれません。
しかし、「よっちょれ」に「よ」を付けることにより柔らかい言い方になります。


歌詞を標準語に直すと

よっとけよ よっとけよ よっとけよっとけ よっとけよ
よっとけよっとけ よっとけよ
高知の城下へ来てみてや
じじぃも ばばぁも いつも踊る
鳴子両手に いつも踊る いつも踊る

となる「よっとけよ」は、「どいとけよ」でも可。
「よう踊る」の「よう」のニュアンスが難しいがこんな感じかな
「よう」を「よく」とした方がぴったり来るのだが「良く」ではないので「いつも」としました。
「良く」は「えい」「この写真エイねぇ」となる。

主観ですが、現在昭和29年当時の「よさこい鳴子踊り」に一番近い踊り子隊は、「高知市役所踊り子隊」だと思います。
もちろん「四国銀行」「高知信用金庫」等の踊り子隊も正調継承の踊り子隊です。
純粋に「よさこい鳴子踊り」(都はるみバージョン)で踊っている踊り子隊もいます。
「よさこい鳴子踊り」は、当初から変化していく事を前提につくられている楽曲である為、変化しつつ正調を重要視しているチームを正調継承の踊り子隊と評価されています。
これは、正調とはあまりにも違う踊り子隊があったり、独自のメロディーを入れたり、衣装が洋風であったりする踊り子隊がある中、「よさこい鳴子踊り」の楽曲のメロディーで構成され、それ以外のメロディーを極力使っていない楽曲であり、鳴子を全曲使用に近い踊り子隊を、正調継承の踊り子隊と呼んでいるようです。
それに加え「法被」「浴衣」「提灯」「纏」を使っている踊り子隊が正調継承という印象を与えるようです。


「よさこい鳴子踊り」に使われた「よさこい節」について
作詞:不明 作曲:不明
歌詞は、数え切れないほどあります。その時その時に作詞され、又は、アドリブで歌われた事もあるだろうし、今もよさこい祭りの時に、各チームにより作詞されている為、今現在も増え続けている。

土佐の高知の
はりまや橋で
坊さんかんざし買うを見た
ヨサコイヨサコイ

よさこい節では、もっとも有名な歌詞ではあるが、この歌詞に似た歌詞に下記のような歌詞がある

おかしなことよな
はりまや橋で
坊さんかんざし買いよった
ヨサコイ ヨサコイ

個人的意見ではあるが、前者は、観光用というか全国に広める為につくられた歌詞のような気がします。
地元で歌われる歌詞に「土佐の高知の」は使わないでしょう?
「よさこい鳴子踊り」を作詞したときにつくられたのか、ヒョッとしたらペギー葉山が「南国土佐を後にして」を歌った時につくられたのか?そのまえか?事実は、わかりません。

少なくとも後者の歌詞が先につくられたのは間違いないようです。



参考資料
※よさこい祭り歴史資料館  http://a4351.p-mission.net/

以後予定
第3回鳴子について
第4回楽曲・衣装・振付
第5回ながしとステージ
よさこい関連について質問・疑問等あれば書き込みしてください。
分かる範囲でお答えしたいと思います。

2016/04/10(Sun) 13:21:42 [ No.3307 ]
◇ 第3回鳴子について 投稿者:かん  引用する 











第3回鳴子について
鳴子 元々は鳥を脅す為に使用。
   鳥脅しの一種で田畑に縄を張りその間に鳴子を付け、その縄に鳥がとまるとカラカラと音がでて鳥を追い払う仕組み
   形状は絵馬に似た5角形の形が多く中央部にばちが下向きに数本取り付けた形
   よく時代劇で忍者が屋敷に忍び込んだ時、紐に引っかかり、鳴子がカラカラとなって「曲者じゃ〜」と叫ぶあれ

「よさこい祭り」に使う切っ掛けとなったのは、武政英策氏のアイディアで、阿波踊りの素手に対抗して、「鳴子」を使おうと言ったことから使用するようになった。

以前鳴子の発明者を、ネットで捜して香川県の誰かだったのだが、今回探してみたが見つからなかった。
ただ一番古い鳴子だったような気がするので発明者は今の時点では不明です。
どなたか知っていれば教えてください。

鳴子の種類
一般的には、標準鳴子(本体は、朱色で塗られ(フチは黒)バチは、黒黄黒の順に塗られている)と呼ばれる鳴子を使うことが多い。
ほかに、白木だったり、いろいろカラーを変えたり、鳴りを変えたい為木の材質を変えたりと、種類はいっぱいある。
もちろん大きさも様々です。
衣装や曲に合わせたり、チームロゴを入れてチーム独自に考えて作製したりもします。
特に変形の鳴子としては、アートウェーブの鳴子(片バチで白木の鳴子を長くした鳴子)は有名です。

昔、「よさこい祭り」の生中継を見ていて解説の日本舞踊の先生が言っていたのが、踊りをやっている人とそうでない人の上手下手の差を縮めるのが「鳴子」であると言っていました。つまり日本舞踊では手の所作が上手下手の差が一番出るところだからだそうです。

「よさこい祭り」では、「よさこい鳴子踊り」の楽曲を使うことと、この「鳴子」を使うことがルールとなっています。
では高知以外の「よさこい」は、どうかというと「YOSAKOIソーラン」では、ソーラン節と鳴子を使うこととなっていて、「みちのくよさこい」では、民謡の一節と鳴子、「よさこい東海道」では、地域(地元)色を出した楽曲と鳴子、「ちばYOSAKOI」もあらためて調べてみましたが確認できませんでした。私の記憶では地域の楽曲を使用することと鳴子を待つことだったと思います。
ただ近年の「ちばYOSAKOI」では、その辺を明確にしていません。(サイト上)
それ以外にもそれぞれのイベントに制限時間等ルールが設けられています。


一般的に言われることは、地元の民謡や音頭を取り入れ且つ鳴子を使用すること。
 これが一般的ルールとされています。

(ここからは、私個人の主観が、多く入っています。)
では、「社歌」や「歌謡曲」等の既成曲で「鳴子」を持って踊るとよさこいではないのか?
私は、「よさこい」と言っていいと思う。

「よさこい祭り」でも見かけることだが「よさこい鳴子踊り」を、ハワイアン調に編曲して踊っている踊り子隊もいるからです。
踊りや曲の形態でもヒップホップ・サンバ・ワルツ・パラパラ・ロック等何でも有りです。

イベントやお祭りでは、主催者が提唱するルールが「よさこい」といえるのだろうが、共通のルールは「鳴子」を持って踊ること。これこそが「よさこい」といえるのではないでしょうか?

踊りがうまいとか下手だとかで「こんなのよさこいじゃない」、振付が「よさこいぽっくない」ではなく「鳴子」さえ持って踊っていれば全て「よさこい」です。

感動こそが「よさこい」だと言う人もいますが、それではほかのダンスと何も変わりませんし感動させられないチームは・・・。
「鳴子」は、「よさこい」にとって一番大事なものでありそれを表現の主体に据えることこそ「よさこい」の王道だといえると思います。つまり「よさこい」は、鳴子を持ってこそ「よさこい」であり鳴子を鳴らすことこそ「よさこい」といえると思います。

踊っている時間の少ししか「鳴子」を持っていなかったり鳴らそうとしていなかったり残念なことです。
「よさこい」とは、「鳴子」を鳴らしておどることこそが、ほかのダンスや舞踊との違いなのに・・・

伝聞ではあるが、数年前、あるイベントの総評で鳴子を軽んじる発言があったらしいが残念なことです。


「鳴子踊り」になっていなければ「よさこい」とはいえません。
「鳴子」は、「よさこい」にとってなくてはならない楽器です。

十数年前頃の関東近辺の「よさこい」は、鳴子は、持っているだけの踊り子隊が多数いましたが、最近はかなり減っているように感じます。
原宿のスパーよさこいを切っ掛けに、鳴子が鳴っているチームが増えてきたのだと思います。

「よさこい柏紅塾」は、「鳴子」が鳴るように努めていますが、鳴子が鳴ってるかどうかは、みなさんの評価にお任せします。

※画像は、東京数寄屋倶楽部http://www.geocities.jp/sanmoku0359/sukiyakurabu-top.htmlよりお借りしました。


2016/06/10(Fri) 17:51:40 [ No.3327 ]
◇ 第4回楽曲・衣装・振付 投稿者:かん  引用する 
第4回楽曲・衣装・振付
楽曲・衣装・振付とも公共性に反しない限り基本自由である。
と書くと何も書く事がないのですが楽曲に関しては、それぞれのイベントによりルールが存在することが多い。
衣装についても裸は禁止とルールにかかれているイベントもある。
振付は、ながしを重要視しているイベントでは、前進する振付というルールを決めています。
楽曲・衣装・振付とも自由である為オリジナリティーが重要視されることとなる。
また、既成曲(よさこい鳴子踊り(正調)よっちょれ(札幌の総踊り曲)なりわい節等)で踊っている踊り子隊も存在する。

今では特定のチームを目標としているチームも存在しているし「何とかプロデュース」といって有名チームにプロデュースをお願いするケースもあります。

ただよさこいとしては、「らしさ」が大事なことだと思います。

初めてよさこいのチームを作るときメンバーの中に、作曲の出来る人(楽曲作製できるソフトを持っている人)・振りを付けることが出来る人・衣装デザインが出来る人この3名がいれば安くよさこいを始めることが出来ます。もちろんそれぞれ経験値によって出来映えは変わると思いますが・・・
振付と衣装デザインは、がんばれば何とかなるかもしれませんがオリジナル曲となると難しいと思います。

紅は、初期の頃はこの方法で、オリジナルをつくっていました。曲もタダ、振りもタダ、衣装は生地代のみです。
現在は、全て外注としています。


曲に関しては、外注する際分からないからお任せというのはやめた方がいいと思います。
分からないからこそきちんと方向性や曲のイメージ等出来る限り具体的(楽器名等)に伝えることが
重要だと思います。
いろいろ料金的に規制もあると思いますが相手がプロなら「素人が言っていることぐらい分かれよ」
位におもっておけばいいと思います。もちろん専門用語を使う必要はないが伝わる努力をしてください。
衣装は、イラストでデザイン画をもって業者に行くのがわかりやすいと思います。

2016/07/10(Sun) 04:25:18 [ No.3333 ]
◇ 第5回ながしとステージ 投稿者:かん  引用する 
第5回ながしとステージ
よさこいの演舞形態には、大きく分けてながしとステージの2種類があります。
ながし
 「パレード」と表現するイベントもあります。
 商店街や大通りを通行止めにして前進する振付で演舞する形態のことを「ながし」と言います。
 高知では、広場で輪踊りの形で演舞する会場やステージでもこの形で演舞する踊り子隊もいます。
 元々は、ステージの概念がなかった為、どんな形態の会場でもながしで踊っていました。
 進行スピードがそれぞれの踊り子隊で、まばらな為、極端に遅い踊り子隊がいると進行が止まる場合があり、 迷惑をかけることになります。
進行スピードは、イベントによってはルールにより決められていることもあります。
4分30秒で80mは、進んだ方がいいと思います。

2種類のながし
YOSAKOIソーラン開催からながしには2種類の形態のながしが出来ました。
1つは今までの、通りを1つの会場として止まらずに踊りきる方法
もう一つは、どんなに長い会場でも100m毎に区切って1回4分30秒以内で踊りきる方法

ここでは、前者を「土佐ながし」後者を「ソーランながし」と呼びます。
土佐ながし
 地方車が先頭にいてその後に踊り子隊が付いていく演舞
 最初に挨拶等をして演舞を開始しその通りを踊りきる形態のながし
ソーランながし
 地方車を使う場合もあるが、固定の音響設備を置く場合もある。
 最初に挨拶等をして4分30秒以内で100mの範囲の中で踊りきり最後の挨拶をし1回目ながしを終了
 その後次の100mをめざし移動挨拶をして踊り始める。
 全部で400mある場合4回これを繰り返して踊ります。

メリットとデメリット
「ソーランながし」でのメリットは、スピードの遅いチームも早いチームも100mで5分ぐらいと、演舞時間が読めることにより正確なプログラムをつくることが出来ます。
必ずしも地方車をつくる必要はなく、音響設備のみ置けばいいので経費を削減できる。
デメリットとしては、お客さんが演舞を見られないケースがでる可能性がある。
それは、前進踊りが出来ない踊り子隊は、100mのゴール付近にいるお客さんに演舞を見せることが出来ない。

「土佐ながし」ではその逆で演舞時間がまちまちで正確なプログラムを作ることが出来ない。
地方車が必ず必要となり経費がかかる。
しかし「坂戸よさこい」では「土佐ながし」を採用しているが、正確なプログラムにより運営されている。
それは、それぞれのながし会場での演舞時間を設定しその時間が来たら演舞を終了させる方法を取っている。
スピードの遅い踊り子隊は、通りを全て踊りきることが出来ないこととなります。
「坂戸よさこい」では、市内のチームが多く踊りきれないチームは少ないように見えます。



ステージ
 1992年開催のYOSAKOIソーラン開催でステージの概念が生まれステージ形態の演舞方法が生まれました。
高知以外のよさこいではステージの形態が多いように思います。
これと同時に演舞時間が設定されることとなり1曲4分30秒以内となりました。
これまで高知では、振付が1周する時間は、1分以内であった。


次回地方車について

2016/07/10(Sun) 04:26:36 [ No.3334 ]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -